サノレックスとカフェイン、牛乳、グレープフルーツの相性チェック

サノレックスとカフェイン飲料(コーヒーやお茶)、グレープフルーツとの相性が気になる

医薬品と同時に飲んでも大丈夫なの? と気になってしまう飲み物は多くあります。例としてはカフェインの入った飲料やグレープフルーツジュース、牛乳です。「サノレックスはどうなのかな?」と考えている方もいるでしょう。

 

こちらでは、サノレックスとグレープフルーツジュース、牛乳、カフェイン入り飲料との飲み合わせ相性について考えていきます。

 

最初に各種の飲み物について注意点を予習

飲み合わせに関する本題に入る前に、それぞれの飲み物「カフェイン飲料、牛乳、グレープフルーツ(ジュース)にはどんな危険性があるか」という点について考えておきましょう。

 

サノレックスとアルコールの組み合わせについては

 

>>サノレックスとアルコール(お酒)の関係は?

 

をご確認ください。

 

カフェイン入り飲料

 

カフェインは栄養ドリンク、お茶、コーヒーといった色々な飲み物に入っています。その上、カフェインとの組み合わせリスクのある医薬品もあります。

 

  1. カフェインの働きで胃酸が増えるから、逆流性食道炎が悪化する
  2. 血管収縮効果があるので、喘息薬の効果を相殺する
  3. 抗不安薬や睡眠薬の睡眠効果がカフェインの覚醒効果で打ち消す
  4. 覚醒効果のある医薬品と一緒に飲むと、効果が倍増して過剰覚醒が起きてしまう

 

上記はカフェインの代表的リスクですが、問題点はそれなりに多くなっています。

 

タンニン酸が入ったお茶

烏龍茶、緑茶、紅茶などにはタンニン酸が含まれています。抗酸化作用は健康効果もあるため、タンニン酸は体にいいのですが、鉄の吸収を抑制してしまうという欠点も持っています。貧血気味だったりの理由で鉄剤を服用している場合にはタンニン酸の摂取は控えましょう。

 

牛乳や乳製品(バター・チーズなど)

牛乳は次のような欠点を持っています。

 

  1. 吸収速度が倍以上になってしまう医薬品がある
  2. 吸収速度が遅くなってしまう医薬品がある

 

つまり、乳製品と併せることにより吸収速度が乱れて効果が安定しなくなってしまう医薬品があるということです。

 

グレープフルーツ

 

グレープフルーツは「CYP3A4」という、医薬品を代謝する酵素の働きを阻害する効果をもっています。この酵素は抗生物質の一部を含む様々な医薬品の成分を代謝しています。なので、グレープフルーツジュースで医薬品を服用するのはやめておきましょう。もちろん、グレープフルーツそのものを食べても一緒です。グレープフルーツ果汁を含む食品もやめておいた方がいいでしょう。

 

最初に、これらの飲料の特性を把握しておきましょう。

 

サノレックスとカフェイン・牛乳などの相性

カフェインとの相性 ・サノレックスは覚醒効果があるのでカフェイン飲料と併せると効果が倍増して過剰覚醒のリスクがあるので避けた方がいい。
タンニン酸との相性 ・サノレックスは鉄剤とは関係ないので、タンニン酸との相性は問題なし。
牛乳との相性 ・牛乳を飲んでも、サノレックスの吸収スピードは変わらない。
グレープフルーツとの相性 ・サノレックスはCYP3A4とは無関係なので、グレープフルーツが悪影響を与えることはない。

 

上記は各々の飲み物とサノレックスに相性に関する説明です。上記の飲料の中でカフェインを除くものに関しての相性は問題ありません。特にきにすることはないでしょう。

 

しかし、カフェインは別です。特にサノレックスの効果を変えてしまうわけではありませんが、カフェインにもサノレックスにも覚醒効果があります。カフェインに関する項目でも触れましたが、覚醒効果を持つものを複数同時に飲んでしまうと覚醒効果が大きくなりすぎる「過剰覚醒」状態に陥ってしまいます。これは簡単にいえば「まったく眠れない」状態になってしまうということです。

 

眠くならないからといって体に睡眠が必要なのは当然ですから、健康を損なうのは間違いありません。更に薬が切れた時にはリバウンドのように大きな眠気が襲ってくるでしょう。布団に入って寝る準備をしている時であれば何の危険もありませんが、昼間に通常の日常生活を送っている時に大きな睡魔が来ればとても危険なのは言うまでもないでしょう。

 

サノレックスの服用は水で

カフェインを含まないお茶や牛乳、グレープフルーツジュースはサノレックスと相性は悪くないです。しかし、でも牛乳やグレープフルーツジュースでサノレックスを服用するのはやめておいた方がいいでしょう。

 

その理由はあくまでサノレックスは「水で服用する」という飲み方が推奨されている薬品だからです。牛乳などで服用することは考えられていません。大げさな話をすれば、「どんな効果が出るかわからない」というようなことになります。

 

もちろん、何が大きな危険があることはないのでしょうは、サノレックスが聞きづらくなる可能性がないわけではありません。なので、サノレックスは基本的に水で服用することを心掛けましょう。

関連ページ

持続時間と半減期|用事があるときは何日前やめればいい?
サノレックスの持続時間は5時間程度となります。ただし、副作用があるので1錠の服用を超えないように気を付けましょう。また、体からサノレックスが抜けるのには3日程度かかるので、旅行などに出かけるときは3日前から飲むのをやめるようにしましょう。
たくさん食べる場合だけ飲むのでもいい?
食べ放題や飲み会に参加する予定があるときだけ、サノレックスを飲むという方法は可能なのでしょうか?サノレックスの特性を理解し、きちんと使用する必要があります。
ゼニカルとどんなところが違うの?
サノレックスと同じくらい有名な痩せ薬に「ゼニカル」があります。どちらを使うか迷っている人もいるでしょう。ここでは、両者の違いを徹底紹介しています。
海外で購入したり、友だちに配ったりしてもいい?
サノレックスは、国内では医師の処方にのみ提供される治療薬です。では、海外でのサノレックス事情はどうなのか?そして、購入して持ち帰ってもいいのか?ということを説明します。
ドーピング検査に引っかからない?禁止薬物リスト確認法
サノレックスの服用がドーピング検査に引っかかるのでは? と気がかりな方もいるはずです。こちらでは、サノレックスとドーピングの関係や禁止薬物リストの調査方法をお教えします。
車の運転はしてもいいの? 事故を起こす可能性あり
サノレックスの服用中は極力車の運転はやめておいた方がいいでしょう。服用における基本的な注意事項にも運転を避ける指示もあります。
断食の補助として使うことはできる?
サノレックスは食欲抑制効果のある医薬品です。その効果を利用して、「断食に使えないか」と考える人もいるでしょう。実際にサノレックスで食事を断つことができるのか、どんなリスクがあるのかを解説します。
摂食障害(過食症・過食嘔吐)の対策に利用できる?
サノレックスの食欲抑制効果を使って、摂食障害(過食症・過食嘔吐)の治療を目指すこともあります。しかし、根本的な解決には精神面のケアが必須となります。
停滞期を乗り切るために使っていい?
ダイエットをしていると、どうしても「停滞期」が来て体重が落ちにくくなります。そのとき、食欲を減らすサノレックスを使って乗り切りたいと考えるかもしれません。しかし、サノレックスは停滞期の対策には向かないばかりか、リスクだけが増えてしまうことになりかねません。
健康診断に引っかかることはない?
サノレックスを服用していて、健康診断のタイミングになると、「なにか問題が出たりしないか」と心配になるかもしれません。ここでどんな可能性があるかを解説します。
インフルエンザ予防接種や治療薬との関係は?
サノレックス服用中にインフルエンザの予防接種を受けたり、発症してしまってタミフル・リレンザなどの治療薬を服用するケースがあるかもしれません。ここでサノレックスとインフルエンザの関係を解説します。
服用中の献血ができないってホント?
サノレックスを服用している間は、献血はNGとなります。サノレックスは「服用後3日間は献血NG」の分類のため、服用終了後3日はあける必要があるのです。
双極性障害(躁うつ病)やうつ病でも服用していい?
うつ病や双極性障害などの精神疾患をもっているが、肥満のためサノレックスを服用したい、という人もいるはずです。しかし、サノレックスは精神疾患を持っている場合服用できない決まりがあります。