大量摂取(od)には長期服用の耐性形成リスクもある

サノレックスの大量摂取(od)の致死率やリスクについて

サノレックスだけでなく、どんな薬も大量摂取(od)はリスクが高いとされています。しかし、サノレックスの場合「ダイエット」が目的なので、もっと早く体重を落としたい、なかなか痩せないといった理由で大量服用、過剰摂取(od)になってしまうことが多いのです。

 

ここではサノレックスのodのリスクを解説します。

 

サノレックスの致死量はどのくらい?

まず気になるのが、サノレックスの致死量です。致死量はちゃんとした基準があり、LD50(半数致死量)によって評価することが可能です。1回にLD50の服用量を飲んでしまうと、半数の人が死亡してしまうという指標になります。

 

 

サノレックス(マジンドール)のLD50については人間のデータは存在しないのですが、マウスの場合は860mg/kgとなります。この数値を人間(体重60kg)に換算すると、数万錠という数値になります。数万錠のサノレックスを服用することは不可能なので、大量摂取(od)で死に至るということは極めてまれということになります。

 

そうはいっても、これはあくまで半数致死量という指標です。例えば100錠程度の過剰摂取でも、小さいながらも死亡率はあるわけなので、運悪く死亡してしまう場合はあります。したがって、いずれにせよodは絶対ダメということに変わりはありません。

 

大量摂取はなにがまずい?

サノレックスの大量摂取(od)では致死量に達することはなかなかありません。それでは、何がリスクとなるのでしょうか?

 

まず考えられるのが、依存性・耐性形成が一気に進むということです。

 

サノレックスには耐性形成の特徴があるため、長期連用しているとだんだん効き目が薄くなってきます。ただ、正しい用法・用量を守っていればこの耐性形成は極力抑えることができます。

 

しかし、一気に過剰摂取をしてしまうと、この耐性が一気に形成されることになり、次回以降の効き目が悪くなってしまう恐れがあるのです。その結果、1回あたりの服用量が増え、やがて毎回大量摂取が当たり前といった状況になりかねません。

 

上で解説した通り、サノレックスの過剰摂取の死亡率は低いですが、毎日odの状況になったらどうでしょうか? わずかでも死亡率があるのですから、飲んだ回数分だけ死亡率が積み重なっていくことになり、リスクは何倍にもなっていきます。

 

また、体の損傷や後遺症のリスクもあります。大量摂取をしたあと、一気に吐き出したりすると、錠剤で食道を傷つけてしまう可能性があります。また、ふらついて転倒してのケガ、さらには頭を打ったり、運転している最中に意識がなくなるなどさまざまなトラブルが考えられます。

 

そうでなくても、数日意識不明になったりして、記憶があいまいになったり、脳の後遺症が残ったりなど、ありとあらゆるトラブルが想定されます。

 

やはり重要なことは、サノレックスを服用する場合、急に結果を求めたりせず、決められた用量をしっかり毎日守るということになります。